HEART BOND

ライブチャット

在宅チャットレディ募集!

代表者挨拶

ライブチャットHEART BOND代表挨拶

初めまして、ライブチャットHEART BOND代表の「蛯谷」エビタニです。

突然ですが、ライブチャットのお仕事と聞いてどのようなイメージをお持ちですか?
「どんな仕事内容なんだろう?怪しいんじゃないの?」
「運営者は大丈夫?怪しくないの?」
と思っているかもしれないですね。

もし、あなたが
今の生活に満足していない
お金も時間もない。でも、何とかしたい。
何かしたいとは思うが何をしていいかわからない。

と少しでも思っているのなら是非、最後まで読んでもらえたらと思います。

ライブチャットのお仕事とはどういうものなの?

ライブチャットのお仕事はどういうものなのか、不安な方もいらっしゃるとは思いますが、まずはこのチャットレディの仕事に安心感を持っていただきたいのです。

そして、なぜ私がこのライブチャットの事業に参入したのかを知って頂きたいと思います。そして、納得した上でこのチャットレディのお仕事に自信を持って、取り組んでもらいたいと思います。その前に、私の自己紹介も兼ねてライブチャットHEART BOND設立までの経緯をお話ししたいと思います。

代表というと凄い経営者、社長というイメージをもたれると思いますが、普通の既婚者50歳アラフィフのおじさんです。(笑)
まず初めに、私がこのライブチャットHEART BOND設立までの紆余曲折のあったストーリーを話させて下さい。

社畜のようにこき使われた20代

私は、これまでに会社員として3社の企業の転職を繰り返してきました。専門学校を卒業し、最後のバブル世代として就職活動しました。その甲斐もあってすぐに就職することができました。その時は凄くうれしくて、身も心も踊っていたぐらいにうれしかったのを今でも覚えています。しかし、1社目は建築業だったのですが、正直体力が続かずわずか1年足らずで会社を辞めてしまいました。
2社目は食品業でした。知り合いの紹介もありすぐに会社にも慣れて、毎日黙々と働いていました。しかし、今度は労働環境が悪く早朝の3時~夕方の5時位まで当たり前のように働いていました。普通で考えるとおかしいと感じると思われますが、個人経営の小さな会社だったので製造から営業まですべての仕事を少数精鋭で行っていたのです。給与も手取りで月収25万円、特にきつかったのは、営業もやっていたので早朝の1時位に携帯電話がなって起こされたり、休日もお客様から電話がなったりと精神的にも体力的にも休まる暇がないくらいどんどん追い込まれていきました。
しかし、こんな過酷な状況でも転機が・・・

一人の女性との出会い

ある時友人から気晴らしに飲み行こうと誘ってくれたので、たまにはストレス発散にもなるしいいかなと思い飲みに行くことに決めました。そこに来ていたのが一人の女性でした。最初はよく状況がよく分からなかったのですが友人がどうも世話を焼いてくれたのだと思います。彼女も当時介護の仕事をしており、自分の置かれた状況を話しているうちに意気投合して交際するようになりました。
彼女ができると、仕事も頑張れるようになりました。そしてそこから1年位して結婚することになりました。

1つの転機が

結婚してすぐに子供ができたことで、自分の考えが少しずつ変わって行った様な気がします。まず家族との時間をとれるようにしたいということでした。食品会社に勤めて6年でしたが、思いきって退職することにしました。
とは言っても、今までみたいに独身ではないのですぐに就職活動をして、たまたま新聞広告に掲載されていた会社に合格して入社できることになりました。3つ目の会社は電子部品の製造会社ですが、3交代勤務の会社で一週間ずつのローテーションで勤務時間が変わっていくので身体は今までと比べるとだいぶん楽になったような気がします。

妻が突然うつ状態に

妻は自分の両親と同居してくれて子育ても凄く頑張ってくれていたと思いますが、私が交代勤務で夜自宅にいないときに事件が発生しました。自分にとってはなにげないことでも、今までの育ってきた家庭環境や考え方から親と喧嘩になったというのです。
また、子供も当時まだ小さかったので当然言うことも聞きません。私も相談されてもその場しのぎのアドバイスで言葉は悪いですが適当にやっていたと思います。自分も仕事で疲れており口喧嘩することもたびたびありました。
するとある日、妻は元気がなくなり一日中寝ていたり塞ぎこみがちの日々が多くなりました。お医者さんにみてもらうとうつ病と診断されました。そこから暫くは心療内科を定期的に受診する日々になりました。うつ病はその日によって気分の上下が激しい病気なので大変な病だと聞きました。
私はこうなってみて、初めて我にかえりいろいろと考えました。普通に家庭円満に生活して行くことの難しさと、幸せとはいったいどういう事なのかを。このことで私は、妻がこうなったのは全て私の責任と自分に言い聞かせて今後行動して行こうと決心しました。

何かやらなければならないければ、何も変わらないという思いとの葛藤の日々

頑張っても頑張っても、どれだけ努力をしてもその努力は報われない。私は、専門学校卒でも中途採用だったので製造現場の一社員でしかありません。私は今社歴が20年以上になりましたが大卒で入社した人には数年で追い越されて行くのです。気づけば自分の直属の上司はほとんどが自分より若い人たちになってしまいました。
気づけば、このまま人生が終わってしまうのかと思いながら働いている自分がいました。
現在の置かれている立場に不平不満があるのであれば、また新たなことに挑戦すればいいのではと思われるかもしれませんが、この年齢になって新しいことに挑戦、変化を起こすのは正直すごく勇気がいることで、どうしても決断できません。文句をいいながらでも、家族の為と思い一生懸命に働いて最低限の生活は守ってきたと自負しております。子供も2人おりますが、2人とも社会人になったのである程度は手が離れたかなと思っております。

新たに副業に挑戦するも・・・

貯金もなく、ましてや将来満足な年金も支給されるかどうか分からないこのご時世、何かを変えて行かないといけないという思いから株や投資というものに挑戦してみることにしました。しかし素人が簡単に成功できるはずもなく、情報料やテキスト費用だけが重くのしかかり自暴自棄になってしまいました。将来の為にと始めた副業でしたが、私はいったい何をしているのだろうとこのまま死ぬことができたらどんなに楽なんだろうと考えた日々も多々あったと思います。体調の方も心と比例して、毎日頭痛で最悪の状態が続きました。

どん底からもう一度挑戦へ

自分はなぜ、生きているんだろう?生きていてもしょうがないのではないだろうかと思い始めるのです。生きがいを失ってしまったのです。そんな時、過去にしていた妻への決心を思い出したのです。このままではいけない。ここで諦めてしまったら、今まで犠牲にしてきた時間とお金は何だったんだろうと後悔するに違いない。よし、もう一度挑戦してみようと決意したのです。

ライブチャットビジネスの未知なる可能性

最後の挑戦だと思い、ただ何となくSNSを見ていました。私が今まで経験したことがないビジネスが目に飛び込んできたのです。それがライブチャットとの出会いでした。
正直ライブチャットの存在も、それは一体何?という印象でしたが、それがビジネスになるとは思いもしませんでした。どうも、在宅だけでライブチャットの代理店で起業できるらしいのです。このライブチャットの偶然の出会いが後々私を救ってくれるものになるとは・・・

そうしたところ、知ったライブチャットの世界

私は興味本位で、いろいろなライブチャットを覗いてみました。そこで見た光景は、10代後半~50代位の女性まで、さまざまなタイプの女性が笑顔で手を降って待機している姿でした。私も男性なので、そんな女性と仲良くなりたい、おしゃべりがしたいとニコニコしながらライブチャットの世界に足を踏み入れました。
ですが、だんだんと気の合う女性が出てきて、話を聞けば聞くほど、この華やかに見えるチャットレディ達は、実はみんなそれぞれに深刻な悩みを抱えながら、この仕事をしていることに衝撃を受けました。

シングルマザーで子供を育てるため20代女性
家のローン返済に充てるため主婦
将来の夢実現の為にお金をためている大学生
親の借金を肩代わりしているしているOL
親の介護で疲れ切っている主婦

女の子の悩みを聞けば聞くほど、こんな私でも、何とか彼女達の力になれる方法はないかと考える日々が続きました。

私もこれまでの人生、いろんなことがあり人生の浮き沈みも多々経験してきました。そのつらさは誰よりも分かっているつもりですが、子供を抱えている女性や、親の借金を背負ってしまっている女性、私がライブチャットの世界に足を踏み入れた時の女性はどれだけ辛い思いをしているのかと思うと胸が張り裂けそうでした。
少しでも自分の生活を変えたい、今の現状から抜け出そうと真摯にライブチャットの仕事に向き合っている女性の力になりたいと思ったのです。これが私のライブチャット業界に参入するきっかけでした。

チャットレディの仕事はいろいろある副業の中で、間違いなく即金制が高く、効率よく、短時間で稼ぐことができるリスクのない仕事だと断言できます。
それは、転職を繰り返したり、失敗もしてきた私だからこそ言えるのかもしれません。しかし、チャットレディもビジネスです。
スマホで1クリック隙間時間で○○万円稼げると言った楽して稼げる訳ではありません。
継続的に安定的な収入を得ようと思っているのなら、何度も挑戦しやり続け、努力することが必要です。世の中の成功者は人の見ていないところで何十倍もの努力をしています。

社名のHEART BONDに込められた思い

HEART BONDとは、心の絆という意味です。

人と人との繋がりを大切にし、一緒に未来を作り上げていき挑戦し続けることで、お互いの絆を深めようという思いがこめられています。

ライブチャットHEART BONDではチャットレディで真剣にお金を稼ぎたいという女性をノウハウをもとに徹底的にサポートして稼がせることをお約束いたします。
チャットレディのお仕事は、あなたにとってこれからの長い人生の最初のきっかけにしか過ぎません。是非、このライブチャットの世界で自分の夢を叶える為の第一歩にして下さい。そのお手伝いをさせて下さい。そのあなたのやる気を導くのが、ライブチャットHEART BONDの使命であると考えています。

あなたに会えることを楽しみにしています。新たなる一歩を踏み出しましょう!

Scroll to Top